2017-05-29 15:43 | カテゴリ:琵琶湖おかっぱり
休みが取れなかった為、久しぶりの土日琵琶湖釣行。


あまり期待せずに行く、、釣れたらラッキー的な運にお任せ。



夕方6時前に湖北到着。


うっ!


前回よりもトロ藻が酷い!!と言うかトロ藻がロン毛になっておる。


フックむき出しのリグは引けそうにないのでノーシンカー主体。


ベイトはうじゃうじゃ居るがバスの気配は皆無。


と、雨降ってきた、、風も良い感じ。


なのに全くアタリ無し。


暗くなっても何にも起こらないので移動。


湖北二箇所目。


まあ割と期待してる場所。






かはっ!ノーバイト!!


く、苦戦必須!!



どんどん南下して撃って行くが反応無し。


とあるポイント。


たまに魚が付いてる所だが獲れた試しが無い。


ふと思いつきアプローチ方法を変えてみる。


デス6ノーシンカーをゆっくり引くと、、、


「ビッビン!!!」


え?食った??


ぬぅううん!っとラインが移動する。


フッキングすると「ズン!」と重み。


デカイ。


序盤でいいサイズゲッツ出来た!嬉しい!!


サイズは52センチ3290g!!
写真 2017-05-27 23 02 30
写真 2017-05-27 23 02 22

クォリティ高い魚に満足。


後が続かないので移動。


6箇所目。


ここはブルフラ3.8の直リグでカバー撃ち。


小刻みに移動しながら撃っていくと「ドン!」


カバーに巻かれそうになりながらも強引にブッコ抜き!


抜いた瞬間にラインブレイクして危なかったが何とかキャッチ。


55センチゲッツ!!!

どアフターガリガリの為ウェイト未計測。
写真 2017-05-28 0 12 24

更にショートバイトがあったが食い切らず。


ここで朝まずめに備えて寝る。


起きれるか不安だったが無事覚醒。


朝5時ポイントイン。


ベイトは沢山居る模様。


てかどこ行ってもベイト居たけど、、、、


16アンタレスDCデビュー、、光沢が美しい
((´∀`))


キャロ遠投


キーーーーーンと気持ちいい音を立ててぶっ飛んでいく、、、


こりゃ最高だ、、


ブレーキ調整が外のダイアルで出来るなんて、面倒くさがりの自分にはとてもありがたい。



しかし何度気持ちよくぶっ飛ばしてもニゴイのアタリしかない。


アンタレスの童貞はやはりバスに奪って欲しいのに、キャロ回収でニゴイがヒット。


許せん、、、


更に撃ちまくるもやはりニゴイにレイープされてあえなくヒット。


ニゴイ2匹釣ってしまった時点で心折れ再度睡眠タイム。


14:00起床。


ぐっと南下。


ここならアフター回復系が望めるであろうポイントだが人は凄そう。


が、到着すると思ったより少ない。


何とかキャロで釣りたいので撃っているとハスっ子が追われてる。


しかしひたすらキャロをぶち込んでもウンともスンとも、、


キャロではあかんのか?と苦手ながらも今年はこれで釣りたいと持ってきたネコリグ。


これで良いのか?こんな感じか?と不安ながらもひたすらネコリグ、、


何も起こらぬまま暗くなり、巻物にチェンジ。


ニゴイがたまに触る程度で何も起こらず、、、辛い。


移動。


ウィード少し生えてる所をどんだけ弄っても不感症張りに無反応。


更に移動。


バイト欲しいので昨日釣れたカバー撃ちポイント。



テンポよく撃ってくとバイト、、、バイトが嬉しい。


どうやらこのカバー周りに魚寄ってる。


5バイト2バラし2フィッシュ。


ここは魚のクォリティ良く無いが、バイト多いのでどうしても来てしまう。
写真 2017-05-28 22 05 36

表層巻きでも来たけどサイチー
写真 2017-05-23 0 16 04



癒された所で移動。


時間も押してきた、、移動だっ!


移動先ノーバイト。


夜キャロまでやってみたがベイトの数とは裏腹にノーバイト。


湖北再度イン。


デス6引いてると一瞬コウモリかハスかわからんが微妙なバイト。


止めずに引いてると足元で「ドン!」


まじか、、本当に??半信半疑でフッキング、、、重い。


ニゴイじゃねーの?ニゴイじゃねーの??


と心で連呼しながらずり上げると太い。


よっしゃー、、と思わず声が漏れた。


52センチ3130g

写真 2017-05-29 0 57 59
写真 2017-05-29 0 57 40

背中の筋肉がヤバいので体高が素晴らしい。


少し厚みが足りないが、ちゃんと太ってたらこのサイズで3キロ後半はいってる魚。


ここで釣れなかったらもう一箇所寄る勢いだったが、これに満足して帰宅。


次は6月、、、何とかキャロで獲りたい。